ジンザイは福岡の教育・人事専門のコンサルタント会社。企業・団体の「人財創造」のご支援。

ジンザイは社員の行動変革を促し「人財創造」をご支援いたします。
企業内研修-テーマ別
MENU » 人事考課者研修 » 目標管理(面接)研修 » 採用面接研修 » 社内インストラクター研修
» 被考課者研修 » 営業担当研修

人事考課者研修

カリキュラム-項目 内容
組織における管理者の役割
  • 組織の意味と管理者の役割
  • マネジメントと人事考課
人事考課の意義
  • 人事考課の目的
  • 人事考課の種類と役割
個人演習
人事考課の基本
  • 考課項目の定義
  • 考課実施上の原則他
  • 考課の手順
個人演習
考課事例演習T
  • ビデオ視聴(1回目)
実習
考課事例演習U
  • 絶対考課のルール説明
  • 考課のエラー説明
  • ビデオ視聴(2回目)
実習
グループ討議
まとめ
目的
  1. 人事考課の基本的考え方、考課者の役割・姿勢を理解する。
  2. 絶対考課のルールに基づいた考課の基本スキルを習得する。
  3. 考課についての考課者間の目線合わせを行う。
















▲PAGE TOP
目標管理(面接)研修

カリキュラム-項目 内容
管理者の役割と目標管理
  • 経営の目的
  • 組織とマネジメント
  • マネジメントシステムとしての「目標管理」
目標管理制度の基本
  • 目標管理の定義
  • 目標管理の目的
  • 目標管理の進め方
目標設定について
  • 目標の意味と4要素
  • 目標の連鎖
  • 目標設定の進め方
  • 目標設定の留意点
個人研究
  • 目標設定演習
面接の基本 
  • 面接の目的と種類
  • 面接の準備
  • 面接の進め方
面接の手順
  • 各面接の留意点
  • 各面接の手順
面接演習
  • 上司・部下の役割を決めて面接演習を行う
まとめ
目的
  1. 目標管理制度の基本を理解する
  2. 目標設定の方法と
    • 目標設定面接
    • 中間面接
    • 評価育成面接
      • 各々の実施手順・留意点等を理解する。





















▲PAGE TOP
採用面接研修
カリキュラム-項目 内容
より適切な人材を採用するための「面接技法」
  • 採用の目的
    「能力」=役割行動
  • 採用の流れ
    「適切な人材」を採用する面接技法
注意すべき面接官の態度
  • ノンバーバル・コミュニケーション(態度・表情・服装・身だしなみ、声)
  • 聴き方のテクニック(アクティブ・リスニング=積極的傾聴)
実習
面接演習
  • グループ別に2人1組にて実施(輪番制/1組30分)
  • グループメンバーの面接実習に対するアドバイス
面接演習
模擬面接演習
  • 「模擬面接」の観察
  • グループ研究
  • 模擬面接の観察結果講評
まとめ
目的
  1. 採用面接の基礎と効果的な面接の進め方を習得。
  2. 面接官の面接スキルを向上させる。



























▲PAGE TOP
社内インストラクター研修

カリキュラム-項目 内容
企業成長の条件と人材育成の必要性
  • 企業の目的
  • CS経営の3原則
  • 企業成長の4条件
  • 人材育成の重要性
人材育成の基本
  • 人材育成の流れ
  • 人材育成の意味と目的
  • 企業研修の3本柱
社内インストラクターの役割と必要な能力
  • 社内インストラクターの役割
  • 社内インストラクターに必要な知識・能力
社内インストラクターの仕事と留意点
  • 社内インストラクターの仕事
  • 受講対象者とそのニーズの把握
  • レッスンプランを作る(コースの進め方)
  • 教える準備
実習
導入(講義直前)
  • 緊張感の緩和
  • コースの紹介と自己紹介
実習
効果的な教え方
  • 効果的に教えるための留意点
  • 教え方の4段階
  • 主な教育技法と特徴
インストラクターに求められるコミュニケーションスキル
  • コミュニケーションの意味と目的
  • メラビアンの法則
  • コーチングの基本
  • 積極的な聴き方
  • 質問の仕方
実習
総合ロールプレーイング(グループ毎)
  • 各自、レッスンプランに基づき、講義を擬似体験する
実習
社内インストラクターとして、今後努力すべきこと
まとめ
  • 社内インストラクターとしての今後取り組むべき課題の抽出
実習/発表
目的
  • インストラクターに求められる知識・スキルの習得を図る。

基本的考え方
  1. インストラクターに期待される役割について認識を深める。
  2. インストラクションの進め方の基本を習得する。
  3. 主に、講義・グループワークによるインストラクションの進め方のポイントを 体験を通じて習得する。
  4. インストラクター経験が、自己の成長にも結びつくことを理解する。































▲PAGE TOP
被考課者研修

カリキュラム-項目 内容
組織における管理者と担当者
  • 組織の意味と管理者・担当者の役割
  • マネジメントと人事考課
人事考課の意義
  • 人事考課の目的
  • 人事考課の種類と役割
個人演習
人事考課の基本
  • 考課項目の定義
  • 考課実施上の原則他
個人演習 
考課事例演習T
  • 演習の進め方説明
ビデオ視聴
考課事例演習U
  • 絶対考課のルール説明
  • 考課のエラー説明
ビデオ視聴
今後の被考課者の仕事への取り組み姿勢 グループ討議
まとめ
目的
  1. 人事考課制度のスムーズな運用。
  2. 考課者の考課への真剣な取組促進。
  3. 被考課者の人事考課制度への理解度アップ!
基本的考え方
  1. 人事考課の基本的考え方、考課者と担当者の役割を理解する。
  2. 絶対考課のルールに基づいた考課の基本スキルを習得する。
  3. 考課を体験することにより、自社の人事考課制度を理解するとともに 考課者・被考課者の相互理解や考課者の考課への真剣な取り組みと被考課者の積極的な仕事への取り組みを促進する。











▲PAGE TOP
営業担当研修

カリキュラム-項目 内容
顧客本位の経営とCS(顧客満足)
  • 企業の目的
  • CS(顧客満足)とは
  • CS経営の3原則
  • 企業成長の条件
クレーム対応の基本
  • ジョン・グッドマンの法則
  • クレーム対応心得
  • クレームは大切な「宝の山」
グループ討議
営業の基本原則
  • 経営の5大要点
  • 営業の基本原則
営業の「基本的心得」と「セールストーク」
  • 好印象を与え、良好な人間関係を築く法
  • 良好な人間関係を築くために必要な「コミュニケーション」
  • お客様訪問時のマナー
    セールストーク(切り出し話法)
グループワーク
営業力(質)の高め方
  • 現状認識
  • 個人ワーク
  • 「質の高め方」
グループワーク
まとめ
目的
  1. 「顧客本位」の営業を行うために必要な「CS(顧客満足)の基本」を理解する。
  2. 営業の基本原則を理解し、営業の質を高める方法を学ぶ。
























MENU » 人事考課者研修 » 目標管理(面接)研修 » 採用面接研修 » 社内インストラクター研修
» 被考課者研修 » 営業担当研修

階層別研修 テーマ別研修






▲PAGE TOP





教育・人事・採用でお困りの方-お問合せ