ホーム勉強会 > 経営のリーダーシップ研究会(事例研究編)

講座の目的

「人を大切にするリーダー」研究会 New!

〜企業が存続し発展していくためのリーダーシップとは、どうあるべきか?〜

100年以上存続している企業の存続理由のひとつは、<人を大切にしている=従業員重視>ということです。
 更に半歩先を見据え、顧客ニーズや世の中の変化にも適切に対応しています。
 そのためには、経営者は、まず、強い志・燃える闘魂を持ち、目指すべき方向を示し、社員と共有します。そして戦略を正しく実現する人達である社員を大切にし、やる気を持たせ(ES向上)、各自の能力を最大限に発揮させる環境を作り、優れた商品・サービスを継続的に提供することにより、お客様満足度を高めます。 つまり、企業を存続発展させるためには、利益が必要ですが、利益を生み出すのは《人=社員》です。従って、社員の幸せや社員満足の向上を、先ず、第一に考えることが重要です。

 そこで、「人を大切にする-企業経営者のリーダーシップ」について、事例研究を通じて、具体的に学びます。

講座概要

テーマ 【第1回】伊那食品工業 塚越 寛氏
スケジュール 第1回目:2016年4月15日(金)9:30〜12:00(2.5H)
会場 弊社会議室
福岡市博多区博多駅東1-10-35 CLUB博多駅東オフイスビル2F (旧:七福ビル)»地図
TEL: 092-482-0328
対象 中小企業経営者または後継者、経営幹部、管理職
進め方 視聴覚教材視聴・討議
定員 6名 ※受付は先着順とし、定員になり次第締め切らせて頂きます。
受講料(税込) 3,000円/回  *当日、会場にてお支払いください。
お申込方法 1. 申込フォームにご希望コースおよび必要事項をご記入頂き、送信してください。
過去の参加企業 (株)GSタカハシ/三興バルブ継手(株)/(株)ケンショー/(株)リフォーム三光サービス/(株)島川本店/(有)筑紫印刷/(株)アイ企画/mfクリエーション/(有)深草環境サービス/医療法人泯江堂/トマト建設(株)/(株)システムオーディット/(株)パナ通信社/(株)コウノ・ジム・グランド工房/ジュエルリィヒラシマ/(有)パル・エージェンシー/(株)イワタダイナース/九電情報サービス(株)・音楽サロンセレナーデ/タニミズ企画(株)/三和(株)/(株)光会館/クリエイティブオフィス/キャスティングナイン(株)/たこやき亭/LICフレグランススクール、シャカ 他

参加申込

上に戻る

過去の研究事例企業(参考)

【第1回】ザ・リッツ・カールトン大阪-前編(ホテル)  


世界最高の経営賞-MB(マルコムボルドリッジ)賞を2回受賞している企業。日本初、1997年開業のリッツ・カールトン大阪の事例を基に、ミッション・ビジョンの大切さやそれらを社員に浸透させる具体的な方法や仕組み(サービスレベルを高める-欠陥「0」/お互いをほめたり感謝したりする他)を学ぶ。

【第2回】ザ・リッツ・カールトン大阪-後編(ホテル)


顧客一人ひとりに高い満足感を与えるパーソナルサービスの仕組み(エンパワーメント)やそれらを支える信頼しあう仕組み。また、社員満足を高める施策などを学びます。

【第3回】スーパーホテル(ビジネスホテルチェーン)


2009年度「日本経営品質賞受賞」。2011年7月21日、「カンブリア宮殿」放送。
「いらないことはきっぱり止めろ!」。一泊4,980円“捨てる経営”で、稼働率89%、リピート率70%、顧客満足度No.1ホテル!北は北海道から南は沖縄まで全国で101店舗を展開。
「マニュアルがなくても2次的なクレームを生まないホテルマン」を育てる秘策とは何か?

【第4回】万協製薬(スキンケア製品のアウトソーシング)


2009年度「日本経営品質賞」受賞。2011年5月26日、「カンブリア宮殿」放送。
絶望からの再出発・・・阪神淡路大震災を乗り越えた工場〜「人に必要」とされる会社になりたい〜
95年の阪神・淡路大震災で工場は全壊…創業者の父も従業員も見放した零細製薬会社で、息子は立ち上がった!神戸から三重の山奥に移り、妻・友人らとたった4人で第二の創業。新商品を続々開発し、売り上げ10倍・社員100人の会社に生まれ変わった。

阪神大震災後、当時の従業員は会社の再建を手伝ってくれなかった…その苦い経験が松浦社長の今の会社作りに活かされている。「社員にも必要とされる会社にならなければいけない」。
万協製薬には、ちょっと変わった「社員が働きやすい仕組み」が作られている。働きやすい環境が会社への愛着を生み、その結果、社員から仕事の改善提案が山のように出てくるようにもなった。阪神大震災をきっかけに目指した「消費者にも、取引先にも、社員にも"必要とされる会社"」に、万協製薬は生まれ変わった。
さて、その具体的な施策は何か?

人財育成・管理職研修のご相談はお気軽に!

上に戻る